施設空き状況
チケットセンター
各種サービス
くれっしぇんど倶楽部
交通アクセス
休館日のご案内
お問合せ
WEB公演アンケート
劇場主催事業
宮崎国際音楽祭
広報誌「くれっしぇんど」
グルメマップ


 ネーミングライツについて
 2008年4月からネーミングライツにより「宮崎県立芸術劇場」の愛称が「メディキット県民文化センター」となりました。
  メディキット株式会社
 

ホーム > 公演情報 > オルガンとその仲間たちシリーズ2020 Ballet Royal de la Nuit 『王の夜のバレ』~舞踏でつづるフランス・バロック音楽の魅力~

オルガンとその仲間たちシリーズ2020 『王の夜のバレ』
~舞踏でつづるフランス・バロック音楽の魅力~

オルガンとその仲間たちシリーズ2020 『王の夜のバレ』~舞踏でつづるフランス・バロック音楽の魅力~ 2021年2月23日(火・祝)メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)演劇ホール
公演紹介公演概要チケット出演者プロフィール

公演紹介


バッハやヘンデルなどのバロック音楽の中には、たくさんの「舞曲」が登場します。
これらはどのような踊りなのか、と調べてゆくと
17~18世紀にフランスの宮廷で盛んに踊られていたと言われる
高度に洗練されたダンスにたどり着くのです。
当時の絵画のみならず、「舞踏譜」という独特の記録からも
その当時の振付を再現することができるもので、その華麗かつ繊細な舞踊は、
近現代のバレエの基礎ともなってゆきます。
この雅なる17~18世紀フランスの宮廷舞踏を、
古楽アンサンブルの奏でる美しいフランスのバロック音楽とともに
お楽しみいただきたいと思います。どうぞ、お楽しみに。大塚直哉

公演概要


公演名

  • オルガンとその仲間たちシリーズ2020 Ballet Royal de la Nuit
    『王の夜のバレ』~舞踏でつづるフランス・バロック音楽の魅力~

日時

  • 2021年2月23日(火・祝)
    14:00 開演 [13:30 開場]

会場

  • メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)
    演劇ホール

曲目

  • J.-F.ルベル:舞踏さまざま
  • J.-B.リュリ:『愛の勝利』より「アポロンのアントレ」
    歌劇『アルミード』より パッサカーユ
  • F.クープラン:「フランスのフォリア、または色とりどりのドミノ」(クラヴサン独奏)
    『諸国の人々』より「フランス人」
    ほか

出演

  • 大塚 直哉(企画・監修/指揮・チェンバロ)
  • 桐山 建志(バロック・ヴァイオリン/コンサートマスター)
  • 市瀬 陽子(バロック・ダンス)
  • 村山 亮(バロック・ダンス)

演奏

  • 古楽器アンサンブル

協力

  • 福永バレエ研究所

チケット


チケット料金

<全席指定> 座席表はこちら
※( )内はくれっしぇんど倶楽部会員価格

【一般】2,500円(会員2,200円)
【U25割】1,500円 ※鑑賞時25歳以下
【親子割】3,000円 ※小・中学生+一般

※就学前のお子様の入場はご遠慮ください。
※車椅子席・介助席はメディキット県民文化センターチケットセンターのみでの取り扱いとなります。
※当日券が出る場合は500円増し(ただし、U25割、親子割を除く)。販売は、公演当日の午前10時から窓口・電話で行います。
※U25割は、年齢の確認ができる身分証の提示をお願いする場合がございます。
※割引サービスの詳細はこちらをご覧ください。


チケット販売開始

  • 会員発売:2020年11月8日(日)
  • 一般発売:2020年11月15日(日)

チケット取り扱い

メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)チケットセンター 0985-28-7766
窓口・電話受付:午前10時~午後6時30分 月曜休館 ※月曜が祝日の場合は翌平日休館
WEB:(24時間/セブン-イレブン受取)


<その他プレイガイド>
・チケットぴあ(webサイトのみ取扱い)


主催・問合せ

公益財団法人宮崎県立芸術劇場
TEL:0985-28-3208 http://www.miyazaki-ac.jp


助成

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会


出演者プロフィール


古楽器オーケストラ


大塚直哉(企画・監修/指揮・オルガン)大塚直哉(企画・監修/指揮・オルガン)

東京藝術大学大学院チェンバロ専攻を経て、アムステルダム音楽院オルガン科およびチェンバロ科を修了。
バッハ・コレギウム・ジャパンや東京ゾリステンなどのアンサンブルにおける通奏低音奏者としての活動のほか、オルガン、チェンバロ、クラヴィコードのソロ奏者としても日本やヨーロッパなど各地で活発に活動を行っている。
現在、東京藝術大学教授、国立音楽大学非常勤講師、宮崎県立芸術劇場オルガン事業アドバイザー。またオルガンやチェンバロ、クラヴィコードなどむかしの鍵盤楽器に初めて触れる人たちのためのワークショップを各地で行っている。「アンサンブル コルディエ」音楽監督。NHK-FM「古楽の楽しみ」案内役として出演中。

桐山建志(バロック・ヴァイオリン/コンサートマスター)桐山建志(バロック・ヴァイオリン/コンサートマスター)

東京藝術大学を経て同大学院修了、フランクフルト音楽大学卒業。1998年古楽コンクール〈山梨〉第1位、1999年ブルージュ国際古楽コンクール第1位。
レコード芸術特選盤「シャコンヌ」を皮切りに多数のCDをリリース。ベーレンライター社より星野宏美氏との共同校訂「メンデルスゾーン:ヴァイオリン・ソナタ全集」の楽譜を出版。
現在、愛知県立芸術大学教授、フェリス女学院大学講師。「松本バッハ祝祭アンサンブル」コンサートマスター等としても活躍。チェンバロの大塚直哉と共にデュオ・ユニット「大江戸バロック」を主宰。


バロック・ヴァイオリン、バロック・ヴィオラ 大西 律子、稲田 竜斗、池田 梨枝子


バロック・オーボエ                 尾﨑 温子、森 綾香
フラウト・トラヴェルソ               菊池 奏絵、戸髙 美穂


バロック・ファゴット                永谷 陽子
ヴィオラ・ダ・ガンバ                西谷 尚己
バス・ド・ヴィオロン                西沢 央子
ヴィオローネ                    栗田 涼子


テオルポ                      佐藤 亜紀子
パーカッション                   服部 央

バロック・ダンス


市瀬陽子市瀬陽子

舞踊史研究者、ダンサー、振付・演出家。立教大学、東京藝術大学卒。
15-19世紀の西欧舞踊史研究に基づく舞台を制作、上演に際しては衣装や美術等のデザイン、製作も手がける。ダンス・ユニット〈セーヌ・エ・サロン〉を率いてサントリーホール主催企画(2009/2012)にて振付作品を発表、主演。
舞台に関わる活動としてオペラやバレエの振付・演技指導などを行う他、講演やワークショップ、論文・雑誌寄稿などの執筆活動にも積極的に取り組む。近著に『バレエとダンスの歴史』(鈴木晶編、平凡社)、DVD『時空の旅~バロックダンス・ファンタジー』(解説、エリアビー、レコード芸術特選版)、楽譜『バロックピアニストへの道~フランスの舞曲編』(大塚直哉編、学研プラス)など。聖徳大学准教授、東京藝術大学非常勤講師。

村山亮村山亮

松山バレエ学校入学後、松山バレエ団入団。松山樹子、清水哲太郎、森下洋子、バレエ団の各教師に師事し、全公演に参加、様々な作品にてソリストとして活動。
「くるみ割り人形」の王子役で主役デビューし、「白鳥の湖」「眠れる森の美女」等でも主役を務める。同時に松山バレエ学校の教師としても活動。2002年、バレエ団を退団。同年、ロシアで開かれたジャパンフェスティバルにて、創作バレエ「風神・雷神」をモスクワのマールイ劇場にて雷神役で出演。
現在まで日本バレエ協会、スターダンサーズバレエ団、NBA バレエ団、小林紀子バレエシアターなどをはじめ、オペラ、ミュージカル等、多数の国内外の有名作品にゲストダンサーとして出演。日本バレエ協会本部直轄東京地区委員、村山・横川バレエスクール主宰。


福永バレエ研究所


バロック・ダンス                  濱田 江実華、川越 夏希さん、他

本事業は、新型コロナウイルス感染拡大の防止策、感染リスクの低減策を実施いたします。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

交通・託児のご案内

交通・託児のご案内
 

公益財団法人 宮崎県立芸術劇場〒880-8557宮崎市船塚3丁目210番地
■ホール・練習室に関するお問い合わせ 貸館専用ダイヤル 0985(28)3228     ■チケット・空席に関するお問い合わせ チケット専用ダイヤル 0985(28)7766
■劇場主催事業に関するお問い合わせ 企画制作係 0985(28)3208          ■ホール舞台技術に関するお問い合わせ  舞台技術係 0985(28)0710
■友の会・広報営業に関するお問い合わせ 広報営業係 0985(65)6888        ■その他お問い合わせ 0985(28)3237 : FAX0985(20)6670
■総務課直通 0985(28)3216 : FAX0985(24)7676