施設空き状況 ホール
施設空き状況練習室
チケットセンター
くれっしぇんど倶楽部
各種サービスのご案内
交通アクセス
お問い合わせ
休館日のご案内

 
宮崎国際音楽祭ヒストリカルデータ

くれっしぇんど倶楽部


グルメマップ
   
 ネーミングライツについて
 2008年4月からネーミングライツにより「宮崎県立芸術劇場」の愛称が「メディキット県民文化センター」となりました。
  メディキット株式会社
 

ホーム > 公演情報 > 雅楽 ~神話の国で聴く悠久の調べ

雅楽 ~神話の国で聴く悠久の調べ

雅楽 ~神話の国で聴く悠久の調べ 2013年9月15日(日)開場13:30 開演14:00 メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)アイザックスターンホール
出演者からのメッセージ公演概要チケット&サービス出演者プロフィールガガクQ&A

出演者からのメッセージ

いにしえの日本文化発祥の地での雅楽公演たいへん楽しみにしています。
古事記編さん時代の日本国は、平成の現代より音楽情報過多社会でした。
西暦701年大宝律令、冶部省に設置された雅楽寮(うたまいのつかさ)は、わが国古来の音楽と、中国や朝鮮半島から伝来した外来音楽を宮廷音楽として司り、西暦840年、楽制改革のもと約一世紀をかけ、平安期に「日本雅楽」として編纂いたしました。
当時のヨーロッパ大陸は、初期教会音楽の時代。西洋バロックオーケストラが確立される17世紀以前に、私たちの祖先は管絃=オーケストラ、舞楽=バレエによる音楽舞台芸術を確立いたしました。
千数百年の歴史に育まれた日本伝統音楽「雅楽」は、世界最古の管絃オーケストラです。

公演の第一部は、宮崎県立芸術劇場の青木館長にもご登場いただき、3名によるプレトークで、これから聴く雅楽の魅力をお伝えします。


第二部では、管絃の楽器紹介から、平調音取(ひょうじょうねとり)、第三部 舞楽は、左舞(唐楽)と右舞(高麗楽)の番舞(つがいまい)、古代シルクロードの面舞=マスクダンスです。「陵王(りょうおう)」は、黄金のマスクで舞う、いにしえより一番人気の面舞。装束の美しさ、その楽しい物語性は舞楽の定番です。「落蹲(らくそん)」は、竜が楽しげに遊ぶ姿を模す舞。二人で舞うときは納曽利(なそり)と言い、舞様のトリッキーな動きは大変楽しい舞です。


東京楽所、初めての宮崎公演。「世界に誇る音楽文化=日本雅楽」をお楽しみください。


多忠輝(おおのただあき:宮内庁式部職)
野原耕二(プロデューサー)

公演概要


公演日時

  • 2013年9月15日(日) 14:00開演〔13:30開場〕

出演

  • 東京楽所(とうきょうがくそ)

会場

  • メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) 演劇ホール

プログラム

  • 第一部 プレトーク
  • 第二部 管絃(かんげん):平調音取(ひょうじょうねとり) 越天楽(えてんらく) 陪臚(ばいろ)
  • 第三部 舞楽(ぶがく):蘭陵王(らんりょうおう) 落蹲(らくそん)

主催

  • 宮崎県/公益財団法人宮崎県立芸術劇場

お問合せ先

  • 公益財団法人宮崎県立芸術劇場
    TEL:0985-28-3208/FAX:0985-20-6670

~20周年記念事業について~宮崎県立芸術劇場が開館したのは1993年11月22日。今年で開館してちょうど20周年にあたります。この記念すべき節目の年、劇場では様々な公演をラインナップしました。その中でも、弦の美しさが際立つチェコ・フィルハーモニー管弦楽団(11月2日予定)、約20年振りとなる雅楽公演(9月15日予定)、そして全館あげてのイベントで開館日をお祝いする開館日フェスタ(11月22~23日予定)を20周年記念事業として開催します。20歳になったホールとともに、たくさんの皆さまのお越しをお待ちしております。

雅学チラシ 表面
雅楽チラシ-表面.pdf
雅学チラシ 裏面
雅楽チラシ-裏面.pdf

チケット&サービス


チケット料金

全席指定 ※( )内はくれっしぇんど倶楽部会員価格
S席 3,000円(2,700円)
A席 2,000円(1,800円)
学割〔小学生~大学生〕 1,000円 ※A席のみ


※就学前のお子様のご入場はご遠慮ください。
※学割は、入場時に学生証の提示をお願いしております。なお、中学生以上のお客様で学生証の提示が無い場合は、学割での入場をお断りする場合があります。あらかじめご了承ください。


チケット発売日

くれっしぇんど倶楽部会員:2013年6月2日(日)/一般:2013年6月9日(日)


チケット取り扱い

メディキット県民文化センター チケットセンター 0985-28-7766
(窓口・電話受付 午前9時~午後8時 月曜休館)


<その他プレイガイド>
・西村楽器店  0985-24-4141
・宮崎山形屋  0985-31-3202
・宮交シティ  0985-51-1311
・ボンベルタ橘 0985-26-4241
・チケットぴあ 0570-02-9999[Pコード:202-219]
・ローソンチケット 0570-084-008[Lコード:86851]


託児サービスのご案内

本公演では託児サービスがご利用いただけます。
公演日の3日前までに受付、定員になり次第締切ります。
なお、キャンセルされる場合も3日前までにご連絡ください。


料金:1,000円
対象:生後3ヶ月~小学校低学年
申込先 マミーズファミリー 0120-194-041(月~土 9:30~18:00 日・祝日休み)


出演者プロフィール


東京楽所(とうきょうがくそ)

1978年宮内庁式部職楽部のメンバーを主体に創設。

有職としての雅楽ではなく、芸術音楽としての雅楽演奏を目的として結成された。
累代の楽人に併せて、民間の優秀な雅楽奏者も含めた現在、わが国最大規模であり、高い芸術性を有する雅楽団体である78年以来、国内の数多くの雅楽公演に参加、高い評価を得る。


83年、外務省の招請により文化使節としてヨーロッパ各地で公演。86年、エジプト・カイロ公演。87年、米国において日本伝統使節団に参加。2005年、日・EU市民交流年事業ベルリン、ロンドン大学公演。08年、日本/ブラジル交流年舞楽法会7公演。09年、日ドナウ交流年ウイーン/ブタペスト公演。11年、日独交流150周年ドイツ国内6公演など世界的な活動を展開している。12年より、東京オペラシティコンサートホールにて年2回の雅楽定期公演を開催。十数枚のCDを制作出版し、雅楽の普及にも努めている。



 

公益財団法人 宮崎県立芸術劇場〒880-8557宮崎市船塚3丁目210番地
■ホール・練習室に関するお問い合わせ 貸館専用ダイヤル 0985(28)3228     ■チケット・空席に関するお問い合わせ チケット専用ダイヤル 0985(28)7766
■劇場主催事業に関するお問い合わせ 企画制作係 0985(28)3208          ■ホール舞台技術に関するお問い合わせ  舞台技術係 0985(28)0710
■友の会・広報営業に関するお問い合わせ 広報営業係 0985(69)3596        ■その他お問い合わせ 0985(28)3237 : FAX0985(20)6670
■総務課直通 0985(28)3216 : FAX0985(24)7676