施設空き状況 ホール
施設空き状況練習室
チケットセンター
くれっしぇんど俱楽部、高校生会員
広報誌
各種サービスのご案内
交通アクセス
お問い合わせ
休館日のご案内

 
宮崎国際音楽祭ヒストリカルデータ

くれっしぇんど倶楽部





 ネーミングライツについて
 2008年4月からネーミングライツにより「宮崎県立芸術劇場」の愛称が「メディキット県民文化センター」となりました。
  メディキット株式会社
 

ホーム > 公演情報 > SPAC-静岡県舞台芸術センター『忠臣蔵』

忠臣蔵

あらすじコメント公演概要チケットプロフィール

あらすじ

元禄十四年、赤穂城下の武士たちのもとに、江戸から届いた急な知らせ。
江戸城松の廊下で、主君浅野内匠頭が吉良上野介に斬りつけ、内匠頭は即日切腹。
赤穂浅野家はお取り潰し、領地没収。
なお、吉良上野介にはお咎め一切なし、という。

関ヶ原の戦いからすでに百年、突然ふりかかった事件に平和な日々に慣れた武士たちは戸惑うばかり。
家族や恋人を持ち、それぞれに生き方の違う武士たち。
しかし、彼らはすれ違う対話を重ねるうちに、いつしか討ち入りへ向かっていくことに・・・。



コメント

いまこの文を書いている段階で、すでに稽古は半分を終えています。
そして、何日稽古をしても、毎回、僕は稽古場で笑ってしまいます。
それほど、平田オリザさんの『忠臣蔵』のセリフは可笑しいです。
14年前に静岡での「シアターオリンピックス」のために書き下ろされた戯曲なのですが、古びるどころか、いっそう今の私たちにぴったりきます。

自分の立脚点があやふやで、人生というのは何を目指して生きるものなのか、どうもよくわからない私たち。
これはたぶん「日本人特有の」とかいった狭い話ではなく、こんにち人類の半分くらいが抱えている不安定さなのでしょう。
平田さんの『忠臣蔵』は、そういう私たちの、不思議なくらい明瞭な自画像です。あまりにもあっけらかんと明瞭なので、もう、笑うしかなくなってしまうんですね。
人間って、可笑しいです!

宮城 聰

今年の年末は、いつもと違う「忠臣蔵」を。
 10年前、20年前に比べると、トーキョー以外の地域で優れた演劇作品や活動が生まれていることが今や常識になりつつあります。その中でも静岡県の公立劇団であるSPACは、静岡、だけでなく、日本、だけでもなく、世界各地で上演を続け、その作品は確実に世界演劇の財産となっています。そんなSPACが、あの「忠臣蔵」を上演する。しかも台本は、こちらも世界各地での上演を続けている青年団の平田オリザさん。きっと世界基準の爆笑人間喜劇になるのではないかと思っています。
歌舞伎とはちょっと違う「忠臣蔵」、けれど、これは確かに「忠臣蔵」で、そして確かにわたしたちの現在でもあるのです。今年の年末の話題作、どうぞお見逃しなく!

宮崎県立芸術劇場演劇ディレクター 永山智行

公演概要

  平田オリザ

演出

  宮城聰(SPAC芸術総監督)

出演

  赤松直美 阿部一徳 大高浩一 奥野晃士 片岡佐知子 桜内結う 下総源太朗
  鈴木麻里 関根淳子 永井健二 前田知香 牧野隆二 山下ともち 若宮羊市

日時

  2013年12月26日(木)19:00開場 19:30開演

会場

  メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)
  演劇ホール

主催・お問合せ

  公益財団法人宮崎県立芸術劇場  TEL:0985-28-3208

チケット

チケット料金

  一般 3,000円

  くれっしぇんど倶楽部会員 2,700円

  学割(小~大学生) 1,500円

  高校生会員 1,000円

  ※就学前のお子様のご入場はご遠慮ください。

  ※学割は、入場時に学生証の提示をお願いしております。なお、中学生以上のお客様で学生証の提示が無い場合は、
    学割での入場をお断りする場合があります。あらかじめご了承ください。

チケット発売日

  くれっしぇんど倶楽部会員 10月6日(日)  / 一般 10月13日(日)

チケット取り扱い

  ・ メディキット県民文化センター チケットセンター 0985-28-7766
      窓口・電話受付:午前9時-午後8時 月曜休館
  ・ 宮崎山形屋  0985-31-3202
  ・ 西村楽器各店 0985-24-4141
  ・ ボンベルタ橘 0985-26-424
  ・ 宮交シティ  0985-51-1311
  ・ チケットぴあ 0570-02-9999〔Pコード428-626〕
  ・ ローソンチケット  0570-084-008〔Lコード 86867

託児サービスのご案内
  本公演では託児サービスがご利用いただけます。
  公演日の3日前まで受付、定員になり次第締め切ります。
  なお、キャンセルされる場合も公演日の3日前までにご連絡ください。
    ・ 対象:生後3か月~小学校低学年まで
    ・ 料金:お子様おひとりにつき1,000円(税込み)
    ・ 申込み&お問合せ:マミーズファミリー TEL 0210-194-041 (月~土 9:30~18:00/日曜・祝日休み)

プロフィール

SPAC-静岡県舞台芸術センター

SPAC-静岡県舞台芸術センターは、専用の劇場や稽古場を拠点に専属劇団が活動を行う日本で初めての公立文化事業集団として、オリジナリティあふれる舞台芸術作品の創造と上演とともに優れた舞台芸術の紹介や舞台芸術家の育成を行っています。初代芸術総監督鈴木忠志のあとを受けて2007年より宮城聰が芸術総監督に就任し、様々な事業をさらに発展させています。
  SPACのホームページはこちらから>>

宮城聰(みやぎ・さとし)

宮城聰    

1959年東京生まれ。演出家。SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督。東京大学で小田島雄志・渡辺守章・日高八郎各師から演劇論を学び、90年ク・ナウカ旗揚げ。国際的な公演活動を展開し、同時代的テキスト解釈とアジア演劇の身体技法や様式性を融合させた演出は国内外から高い評価を得ている。07年4月SPAC芸術総監督に就任。自作の上演と並行して世界各地から現代社会を鋭く切り取った作品を次々と招聘、また、静岡の青少年に向けた新たな事業を展開し、「世界を見る窓」としての劇場づくりに力を注いでいる。代表作に『王女メデイア』『マハーバーラタ』『ペール・ギュント』など。04年第3回朝日舞台芸術賞受賞。05年第2回アサヒビール芸術賞受賞。

 

公益財団法人 宮崎県立芸術劇場〒880-8557宮崎市船塚3丁目210番地
■ホール・練習室に関するお問い合わせ 貸館専用ダイヤル 0985(28)3228     ■チケット・空席に関するお問い合わせ チケット専用ダイヤル 0985(28)7766
■劇場主催事業に関するお問い合わせ 企画制作係 0985(28)3208          ■ホール舞台技術に関するお問い合わせ  舞台技術係 0985(28)0710
■友の会・広報営業に関するお問い合わせ 広報営業係 0985(65)6888        ■その他お問い合わせ 0985(28)3237 : FAX0985(20)6670
■総務課直通 0985(28)3216 : FAX0985(24)7676