施設空き状況 ホール
施設空き状況練習室
チケットセンター
くれっしぇんど俱楽部、高校生会員
広報誌
各種サービスのご案内
交通アクセス
お問い合わせ
休館日のご案内

 
         
宮崎国際音楽祭
宮崎国際音楽祭ヒストリカルデータ
アカデミー
音楽祭ブログ「ぷれぽ」
くれっしぇんど倶楽部
アウトリーチ
オルガン・チェンバロ講習会
みやざきの舞台芸術
かみまいの便り
グルメマップ 宮崎県立芸術劇場グルメマップ 宮崎県立芸術劇場
公立文化施設イベント情報

 ネーミングライツについて
 2008年4月からネーミングライツにより「宮崎県立芸術劇場」の愛称が「メディキット県民文化センター」となりました。
  メディキット株式会社
 
ホーム公演情報>鳥の劇場『にほんの「古事記」』
鳥の劇場 にほんの「古事記」
作品コメントプロモーション動画公演概要チケットプロフィール

作品コメント
712年(和銅5年)に完成したとされる「古事記」。この日本最古の書物を主題にした二作品です。
ひとつは『古事記』。オオクニヌシの登場する因幡の白うさぎの話は、『古事記』の中のあまりに有名な物語です。けれど、うさぎを救った彼が、その後、兄たちからどんな仕打ちを受けるか、みなさんはご存知ですか。彼はその後、根の国でスサノオに出会います。そして、地上世界の王となり、最後はアマテラスに地上の支配権を譲ることになるのですが、そのあたりのいきさつに詳しい人は、どのくらいいらっしゃるでしょう。イザナキ、イザナミの国生みから始まり、アマテラスの孫の地上降臨までを舞台化します。
もうひとつは、宮崎県立芸術劇場の演劇ディレクターを務める永山智行による新作戯曲『古事記は歌ふ』。物語は二つの糸が絡み合って進みます。巨大災害で子どもを失った女性作家の魂が、「古事記」と絡み合い、彼女自身のつらい過去と再会し、それを受け入れ、物語を描くことと出会い直します。もう一本の糸は、国家再統合のために古代の物語を解読することを託される学者と、それを促す権力の物語。物語を作ること、その個人との関係、集団との関係をテーマとした現代劇です。

(公演チラシより)

プロモーション動画

カンパニー動画

 

[美しき日本]宮崎 から (映画監督の河瀬直美氏撮り下ろし「神話のふるさと みやざき」プロモーション映像)

    


公演概要
古事記

構成・演出

  中島諒人

日時

  2014年12月6日(土)14:00  7日(日)14:00

上演時間
  約120分

初演時の様子(2014年6月~7月 於:鳥の劇場)
  古事記①  古事記②  古事記③  古事記④

  古事記⑤  古事記⑥  古事記⑦

古事記は歌ふ

  永山智行(劇団こふく劇場)

演出

  中島諒人

日時

  2014年12月6日(土)18:00  7日(日)18:00

上演時間
  約120分

初演時の様子(2014年6月~7月 於:鳥の劇場)
  古事記は歌ふ①  古事記は歌ふ②  古事記は歌ふ③  古事記は歌ふ④

  古事記は歌ふ⑤  古事記は歌ふ⑥  古事記は歌ふ⑦

出演(両演目共通)

  榊原毅(三条会)   河内哲二郎(フリー)  齊藤頼陽  中川玲奈  高橋等  村上里美  葛岡由衣
  赤羽三郎  中垣直久  安田茉耶  武中淳彦

会場(両演目共通)

  メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) イベントホール

託児サービス

  本公演では託児サービスがご利用いただけます。
  公演日の3日前まで受付、定員になり次第締め切ります。
  なお、キャンセルされる場合も公演日の3日前までにご連絡ください。
    ・ 対象:生後3か月~小学校低学年まで
    ・ 料金:お子様おひとりにつき1,000円(税込み)
    ・ 申込み&お問合せ:マミーズファミリー TEL 0210-194-041 (月~土 9:30~18:00/日曜・祝日休み)

お問い合わせ

  公益財団法人宮崎県立芸術劇場 0985-28-3208

主催
  公益財団法人宮崎県立芸術劇場

後援
  宮崎県 記紀編さん1300年記念事業

助成
  平成26年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

チラシ
  にほんの「古事記」チラシにほんの「古事記」チラシ
    〔PDF/2.8MB〕

パブリシティ
 7月29日(火)朝日新聞2014年7月29日(火)朝日新聞
 11月27日(木)宮崎日日新聞 2014年11月27日(木)宮崎日日新聞

チケット

チケット料金(日時指定・全席自由)

  各演目/ 一般  2,100円(1,900円)   学割(小~大学生) 1,000円
  2演目セット券(各演目をお好きな日時にご覧いただけます) 3,600円(3,200円)

※就学前のお子様のご入場はご遠慮ください。
※当日券は500円増し(ただし、学割を除く)
※2演目セット券は、劇場のみ取扱いで、前売りのみ販売。
※学割は、入場時に学生証の提示をお願いしております。
   なお、中学生以上のお客様で 学生証の提示が無い場合は、学割での入場をお断りする場合
   があります。あらかじめご了承ください。

チケット発売日

  くれっしぇんど倶楽部会員  10月5日(日)
  一般                10月12日(日)

チケット取扱い

 ・メディキット県民文化センターチケットセンター 0985-28-7766
     [窓口・電話受付] 午前10時~午後6時30分 / 月曜休館(月曜が祝日の場合は翌日休館)
       チケット(24時間)
 ・宮崎山形屋 0985-31-3202
 ・ボンベルタ橘 0985-26-4241
 ・蔦屋書店宮崎高千穂通り 0985-61-6711
 ・チケットぴあ 0570-02-9999 〔Pコード 439-207〕
 ・セブン-イレブン(マルチコピー機)

プロフィール

カンパニー   

鳥の劇場(とりのげきじょう)
2006年1月、演出家・中島諒人を中心に設立。鳥取県鳥取市鹿野町の廃校になった幼稚園・小学校を劇場施設へ手作りリノベ-ション。収容数200人の“劇場”と80人の“スタジオ”をもつ。劇団の運営する劇場として、「創る」・「招く」・「いっしょ にやる」・「試みる」・「考える」の5本柱で年間プログラムを構成。現代劇の創作・上演と併行して、ワ-クショップ、優れた作品の招聘、レクチャ-などを実施する。
主な作品は、「老貴婦人の訪問」(デュレンマット)、「かもめ」 (チェ-ホフ)、「剣を鍛える話」(魯迅)、「誤解」(カミュ)、「熊野」・「葵上」(三島由紀夫)、「料理昇降機」(ピンタ-)など。
08年から地域や行政との協働による演劇祭「鳥の演劇祭」を実施。国際交流も進めており、韓国、タイ、台湾、ル-マニア、イギリス、イタリア、ベルギ-、アメリカなどのア-チストが活動。2010年は日中韓三国の演劇祭「BeSeTo演劇祭」も開催。舞台芸術家のための創作の拠点として、全国、海外に開かれた場となることを目指す。同時に、演劇・劇場にしかできないやり方での地域振興、教育分野への貢献のあり方を模索している。2011年度国際交流基金地球市民賞受賞。
WEBサイト/
http://www.birdtheatre.org/

構成・演出(『古事記』) / 演出(『古事記は歌ふ』)

 中島諒人  中島諒人  (なかしま まこと)

 1990 年東京大学法学部卒。大学在学中より演劇活動を開始 2003年利賀演出家コンクールで最優秀
 演出家賞受賞。2004年から1年半、静岡県舞台芸術センターに所属。2006年より鳥取に劇団の拠点
 を移し鳥の劇場」をスタート。
二千年以上の歴史を持つ文化装置=演劇の本来の力を通じて、一般
 社会の中に演劇の居場所を作り、その素晴らしさ・必要性が広く認識されることを目指す。


作(『古事記は歌ふ』)

 永山智行  永山智行(ながやま ともゆき)

 1967年、宮崎県都城市生まれ。劇作家、演出家。

 宮崎県内の二つの町(門川町・三股町)の文化会館を拠点に活動する劇団「こふく劇場」代表。
 2001年
『so bad year』でAAF戯曲賞受賞。同作をはじめ、戯曲は劇団外での上演も多く、05年に
 東京国際芸術祭参加作品として書き下ろした『昏睡』は、09年には、青年団の中心的俳優・山内
 健司、兵藤公美の二人芝居として、神里雄大(岡崎藝術座)演出により上演された。また地点の
 演出家・三浦基との共同作業として『お伽草紙 /戯曲』(劇団うりんこ 10年)、『Kappa/或
 小説』(地点 11年)の戯曲も手がけている。

 演出家としても、06年10月に宮崎県立芸術劇場の演劇ディレクターに就任。九州全県の劇団から
 俳優を集めてのプロデュース公演「演劇・時空の旅」シリーズを企画・演出するなど、宮崎や九
 州から世界へ発信する 劇場を目指して活動している。

 

公益財団法人 宮崎県立芸術劇場〒880-8557宮崎市船塚3丁目210番地
■ホール・練習室に関するお問い合わせ 貸館専用ダイヤル 0985(28)3228     ■チケット・空席に関するお問い合わせ チケット専用ダイヤル 0985(28)7766
■劇場主催事業に関するお問い合わせ 企画制作係 0985(28)3208          ■ホール舞台技術に関するお問い合わせ  舞台技術係 0985(28)0710
■友の会・広報営業に関するお問い合わせ 広報営業係 0985(65)6888        ■その他お問い合わせ 0985(28)3237 : FAX0985(20)6670
■総務課直通 0985(28)3216 : FAX0985(24)7676