施設空き状況 ホール
施設空き状況練習室
チケットセンター
くれっしぇんど俱楽部、高校生会員
広報誌
各種サービスのご案内
交通アクセス
お問い合わせ
休館日のご案内

 
         
宮崎国際音楽祭
宮崎国際音楽祭ヒストリカルデータ
アカデミー
音楽祭ブログ「ぷれぽ」
くれっしぇんど倶楽部
アウトリーチ
オルガン・チェンバロ講習会
みやざきの舞台芸術
かみまいの便り
グルメマップ 宮崎県立芸術劇場グルメマップ 宮崎県立芸術劇場
公立文化施設イベント情報

 ネーミングライツについて
 2008年4月からネーミングライツにより「宮崎県立芸術劇場」の愛称が「メディキット県民文化センター」となりました。
  メディキット株式会社
 

ホーム>公演情報>トライアル・シアター2018『麺麭屋文六の思案』



首都の場末。麺麭(パン)屋の河津文六一家の家には、京作という居候が住んでいる。ある日、娘のおちかが京作と懇(ねんご)ろであることを知った文六。京作を追い出そうとしどろもどろになる文六のもとに、とつぜん彗星(ほうきぼし)が地球に衝突するというニュースが飛び込んできて――。
シリーズ第3弾となる今回は、“近代日本演劇の父”岸田國士の描く奇想天外な短編『麺麭(ぱん)屋文六の思案』『遂に「知らん」文六』にトライします。

構成・演出 鳴海康平さんインタビュー
◆動画(約1分30秒)


◆記事
  ※画像をクリックすると拡大版(PDF)をご覧いただけます。



◆チラシ
  ※画像をクリックすると拡大版(PDF)をご覧いただけます。

 

日時

2018年 9月1日(土) 18:30開場 19:00開演  
           2日(日) 13:30開場 14:00
開演

※上演時間約70分
※両日とも終演後にアフタートークを行います。

会場

メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) イベントホール

※交通アクセスはこちら>

 

岸田國士 (きしだ くにお)



1890年東京・四谷生まれ。劇作家、小説家、評論家、翻訳家、演出家。

陸軍士官学校を経て少尉に任官するが退役。東京帝国大学仏文選科に学び、フランス演劇への興味を深め渡仏。ジャック・コポーのヴィユ・コロンビエ座やジョルジュ・ピエトフの一座に出入りし、同時代ヨーロッパの芸術革命の波に触れて1923年に帰国した。1937年、久保田万太郎、岩田豊雄とともに文学座を創設。戦後は演劇と文学の立体化を目指し1950年に「雲の会」を結成するなど、現代演劇の理論的指導者としても多大な業績を残した。53年日本芸術院会員。翌54年「どん底」演出、舞台稽古中に倒れ急逝。代表作に戯曲「牛山ホテル」「チロルの秋」、新聞小説「暖流」、翻訳にジュール・ルナール「にんじん」「博物誌」など。長女は童話作家の岸田衿子、次女は女優の岸田今日子。岸田國士戯曲賞は、新人劇作家の登竜門として知られている。


 

構成・演出

鳴海康平 (なるみ こうへい)


ⓒ松原豊

第七劇場、代表・演出家。Théâtre de Belleville、芸術監督。1979年北海道紋別市生まれ。三重県津市美里町在住。早稲田大学在籍中の1999年に劇団を設立。国境を越えることができるプロダクションをポリシーに製作し、物語だけに頼らない劇空間が海外でも評価され、これまで国内20都市、海外4ヶ国7都市(韓国・ドイツ・フランス・台湾)で作品を上演。ポーラ美術振興財団在外研修員(フランス・2012年)として1年間滞仏。帰国後、日仏協働作品『三人姉妹』を新国立劇場にて上演。2014年、三重県津市美里町にカンパニーの活動拠点を移し、新劇場を開設。


スタッフ

舞台監督 土屋宏之(ユニークブレーン)

 美術  満木夢奈(ユニークブレーン)

 照明  工藤真一(ユニークブレーン)

 音響  関本憲弘(ユニークブレーン)

演出助手 小牧祐菜(みやざき演劇若手の会)

宣伝美術 クドウタツヒコ



                 
   井上 大輔  
(THE☆花まるにっぽん/
三人兄弟) 

   片山 敦郎   
 (三人兄弟/
 NPO法人MIYAZAKI  
 C-DANCE CENTER)
 
 河野 誠
 (劇団ゼロQ) 

   黒田 吉郎   
重松 希実
       
 進藤 綾乃
(劇団「伝劇」/
ユニットろむ)
 宮本 日温  山口 征誉
 山本 美保


  湯浅 泰典  
 (劇団220)


チケット料金

一般 1,500円(会員 1,300円)

U25割 1,000円 ※鑑賞時25歳以下

 

※就学前のお子様の入場はご遠慮ください。

※当日券が出る場合は500円増しとなります(ただし、U25割を除く)。発売は、当日の午前10時から窓口・電話で行います。

※U25割は、年齢の確認ができる身分証の提示をお願いする場合があります。

※開場の30分前に、会場前受付にて入場整理券を配布します。



チケット発売
くれっしぇんど倶楽部会員  7月1日(日)10:00
一般                   7月8日(日)10:00



チケット取扱い 

メディキット県民文化センター チケットセンター 0985-28-7766

【窓口・電話受付】10:0018:30(月曜休館/月曜日が祝日の場合は翌平日休館)

 (24時間)

 

その他のプレイガイド

・宮交シティ 0985-51-1311

・チケットぴあ 0570-02-9999〔Pコード 487-830〕

 

託児サービス

公演の3日前まで受付、定員になり次第締切ります。

なお、キャンセルされる場合も公演日の3日前までにご連絡ください。

 【対象】生後3か月~小学校低学年まで

 【料金】お子様おひとりにつき 1,000円(税込)

 【お問合せ・申込み】 マミーズファミリー 0120-194-041(月~金 9:3018:00/土日・祝日休み)

 

気鋭の演出家、振付家、音楽家が宮崎に滞在し、一般参加の出演者らと約1週間の創作期間で舞台作品を作り上げるシリーズ。テキスト(台本)を用いながらパフォーミングアーツ(舞台芸術)という視点に立って、新たな表現にトライ(挑戦)していきます。

 

過去の公演の様子

トライアル・シアター2016 『改訂の巻「秘密の花園」』   作 唐十郎 / 演出 糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)
2016年8月27日(土)~28日(日) 会場:イベントホール
   

トライアル・シアター2017 『都会の生活』  原作 如月小春 / 構成・振付・演出 森下真樹
2017年8月26日(土)~27日(日) 会場:演劇ホール舞台上舞台
   

[助成]
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

主催・お問合せ]
公益財団法人宮崎県立芸術劇場 TEL
0985-28-3208


ページの先頭へ戻る

 

公益財団法人 宮崎県立芸術劇場〒880-8557宮崎市船塚3丁目210番地
■ホール・練習室に関するお問い合わせ 貸館専用ダイヤル 0985(28)3228     ■チケット・空席に関するお問い合わせ チケット専用ダイヤル 0985(28)7766
■劇場主催事業に関するお問い合わせ 企画制作係 0985(28)3208          ■ホール舞台技術に関するお問い合わせ  舞台技術係 0985(28)0710
■友の会・広報営業に関するお問い合わせ 広報営業係 0985(65)6888        ■その他お問い合わせ 0985(28)3237 : FAX0985(20)6670
■総務課直通 0985(28)3216 : FAX0985(24)7676