施設空き状況 ホール
施設空き状況 練習室
チケットセンター
くれっしぇんど倶楽部
読み物・その他
各種サービスのご案内
交通アクセス
お問い合わせ
休館日のご案内

宮崎国際音楽祭
宮崎国際音楽祭ヒストリカルデータ
アカデミー
音楽祭ブログ「ぷれぽ」
くれっしぇんど倶楽部
アウトリーチ
オルガン・チェンバロ講習会
みやざきの舞台芸術
グルメマップ 宮崎県立芸術劇場
グルメマップ 音楽祭 宮崎県立芸術劇場
公立文化施設イベント情報


 ネーミングライツについて
 2008年4月からネーミングライツにより「宮崎県立芸術劇場」の愛称が「メディキット県民文化センター」となりました。
  メディキット株式会社
 

講師紹介

ホーム > 公演情報 > 第12回ミュージック・アカデミー in みやざき 2019

第12回ミュージック・アカデミー in みやざき 2019





(C)Hikaru Hoshi
徳永 二男 Tsugio Tokunaga 
(ヴァイオリン)

人気、実力ともに日本を代表する演奏家。1966年、当時日本楽壇史上最年少のコンサートマスターとして東京交響楽団に入団。1976年、NHK交響楽団のコンサートマスターに就任。その後首席第一コンサートマスターを経て、長年NHK交響楽団の“顔”として抜群の知名度と人気を誇る。1994年にNHK交響楽団を退団し、ソロ、室内楽に専念。2016年には、楽壇生活50周年を迎え、多くの記念公演を行う。2016年度文化庁長官表彰を受ける。桐朋学園大学特任教授。

ジェラール・プーレGérard Poulet 
(ヴァイオリン)

フランスが誇る、世界的ヴァイオリニストにして、偉大な教育者。 ジェラール・プーレは、指揮者とヴァイオリニストであったガストン・プーレの息子として天才少年期を送る。(父親のガストンは、1917年ドビュッシーが「ヴァイオリン・ソナタ」を作曲家自身のピアノで初演の際、共演したヴァイオリニストである。)

11歳でパリ国立高等音楽院に入学、2年後に首席で卒業。18歳でパガニーニ国際コンクール優勝。フランチェスカッティ、メニューイン、ミルシュテイン、とりわけ人生の師と仰ぐヘンリック・シェリング等の巨匠に師事。世界各地でソリストとして活躍。多くのオーケストラと共演を重ね、キャリアを世界中に広めた。

これまでに、パリ管弦楽団、フランス国立管弦楽団、ストラスブール国立管弦楽団、リール、ボルドー、RAI・トリノ オーケストラ、プラハラジオ交響楽団、リェージュ・フィルハーモニック管弦楽団、北京交響楽団、シュツットガルト管弦楽団、読売交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック、仙台フィルハーモニック、大阪シンフォニカー等と共演。79歳を超えた今も「現役」の演奏家としてコンサート活動を行っており、各国の主要な国際コンクール審査員(長)に招聘されている。

偉大な教育者でもあり、2003年長年教授を務めたパリ国立高等音楽院を退官後、パリ市立音楽院とエコール・ノルマル音楽院で教鞭を執り、東京芸術大学客員・招聘教授(2005年~2009年)を務め、2010年より現在は昭和音楽大学の教授を務める。多数の音楽大学(桐朋・国立・沖縄県芸・愛知県芸・フェリス・作陽・洗足など)にも招かれている。コンクールの優勝・上位入賞者を多数輩出し、日本ヴァイオリン界のレヴェルアップにも、大きく貢献している。世界中でマスタークラスを行っており、日本では、「京都フランス音楽アカデミー」「いしかわミュージック・アカデミー」「軽井沢国際音楽祭」「北海道アップビート国際音楽セミナー中札内」「河口湖音楽セミナー」等に招聘されている。1995年フランス芸術文化勲章、1999年フランス文化功労賞を受賞。日本弦楽指導者協会・日本フォーレ協会 名誉会員。


 (c)Winnie Kuechl

ライナー・キュッヒル Rainer Küchl 
(ヴァイオリン)

1950年オーストリア、ワイドホーフェン・アン・デア・イプス市生まれ。11歳よりヴァイオリンを始め、14歳にてウィーン国立音楽アカデミーに入学。1967年よりソロ活動を開始。ウィーン・フィルをはじめ、ウィーン響、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団、NHK交響楽団等のオーケストラ、並びに指揮者ではアバド、ベーム、バーンスタインらと共演。同時に数々のリサイタルや録音を行う。1971年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに就任。同年ウィーン・フィルの仲間とキュッヒル弦楽四重奏団を結成。1982年ウィーン国立音楽アカデミー(現ウィーン国立音楽大学)教授に就任。1985年ザルツブルグ州知事より金功労勲章受章。1988年オーストリア共和国より学術、芸術に対するオーストリア名誉十字勲章受章。1994年オーストリア共和国に対する功績として共和国より大名誉勲章を受章。1995年ジュネーブにおける国連50周年記念式典および1998年長野冬季オリンピックにて世界代表コンサートマスターを務める。 2001年ウィーン・フィル創設以来、現役のコンサートマスターとしては初めてウィーン国立歌劇場の名誉会員に選ばれる。2010年川崎市より市の名誉国際親善大使に任命。同年11月日本政府より旭日中綬章受章。2016年8月、45年間務めたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団およびウィーン国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターを退任。2017年4月、NHK交響楽団ゲスト・コンサートマスターに就任、現在に至る。ウィーン国立音楽大学正教授。キュッヒル・クァルテット、ウィーン・リングアンサンブルリーダー。その他、ソロ活動、審査員などを務める。

Official Website: https://www.rainerkuechl.com/

ドン=スク・カン Dong-Suk Kang 
(ヴァイオリン)
 韓国生まれ。ジュリアード音楽院に学び、のちにカーティス音楽院にてガラミアンの元で研鑽を積む。ケネディ・センターでのデビュー、また小澤征爾との共演を経てエリザベート王妃など数々の国際コンクールに入賞。以後クリーヴランド管、ロサンゼルス・フィル、サンフランシスコ響、ロンドン・フィルなどと共演。延世大学(韓国)教授。ソウル・スプリング・フェスティバル及びムジークアルプ夏期国際音楽アカデミー芸術監督。
川﨑 雅夫 Masao Kawasaki 
(ヴァイオリン)
5歳よりヴァイオリンを始め、久保田良作及び斉藤秀雄に師事。全日本学生音楽コンクールに優勝。桐朋学園大学を経て、ジュリアード音楽院に留学、奨学生として、ドロシー・ディレーに師事。室内楽奏者としては、ジュリアード、東京等のカルテットの客演ヴィオリストとしても演奏活動を行っている。現在三つの大学で教鞭をとるかたわら、国際コンクールの審査員や米国内外の多くの大学、講習会に招かれ、公開レッスンを開いている。現在ニューヨーク在住。
漆原 朝子 Asako Urushihara 
(ヴァイオリン)

2回日本国際音楽コンクール最年少優勝。ジュリアード音楽院卒業。

88年 N響定期公演でデビュー。ニューヨークやワシントンでのリサイタルが絶賛を博し、マールボロ音楽祭等に登場。2017年にリリースした『エルガー:ヴァイオリン協奏曲』ライヴCDは大きな話題となり高評を得ている。平成26年度文化庁芸術祭優秀賞受賞。東京藝術大学教授。

三浦文彰 Fumiaki Miura 
(ヴァイオリン)

2009年世界最難関とも言われるハノーファー国際コンクールにおいて、史上最年少の16歳で優勝。国際的に一躍脚光を浴びた。

東京都出身。両親ともにヴァイオリニストの音楽一家に生まれ、3歳よりヴァイオリンを始め安田廣務氏に、6歳から徳永二男氏に師事。

2003年、04年と全日本学生音楽コンクール東京大会小学校の部第2位、20064月ユーディ・メニューイン国際ヴァイオリンコンクール・ジュニア部門第2位などを受賞。200910月には、ハノーファー国際コンクールにて史上最年少で優勝。同時に、聴衆賞、音楽評論家賞も受賞。地元紙では「確かな技術と、印象的なヴィルトゥオーゾ性あふれる心温まる演奏は、国際審査員や音楽評論家の評価を得るにとどまらず、聴衆の心をもつかんだ」と賞賛した。また、The Strad誌は、「驚くべきその演奏がハノーファー国際コンクールを席巻した」と評した。

これまでに、モスクワにてオレグ・カガンメモリアルフェスティバル、ブラウンシュバイクフェスティバル、宮崎国際音楽祭、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭、マントン音楽祭、ラクリン&フレンズ音楽祭、メニューイン・フェスティバルなどに出演。また国内主要オーケストラはもとより、ハンブルク北ドイツ放送響、シュトゥットガルト放送響、プラハ・フィル、ミルウォーキー響、オレゴン響、ユタ響、ウィーン室内管、ニュルンベルク響などとも共演している。

ペンデレツキ80歳記念演奏会では、ペンデレツキ自身の指揮で演奏、ルーブルでのリサイタルでパリ・デビューと破竹の勢いで国際的な活動を展開している。

また、NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽を演奏したことやTBS「情熱大陸」への出演も大きな話題となった。

2017年には、ロンドンにおけるリサイタル・デビューを果たし、フェドセーエフ指揮チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラとの日本ツアーを行う。2018年は、イタマール・ゴランとのリサイタル・ツアー、ロイヤル・リヴァプール・フィルとの日本ツアーを行い、ロンドンでズーカーマン指揮ロイヤル・フィルと、サンクトペテルブルクの白夜際においてゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団と共演し、大成功をおさめた。

また、201810月より始まったサントリーホールARKクラシックスのアーティスティック・リーダーに就任した。

CD録音も活発に行っており、リントゥ指揮ベルリン・ドイツ響と共演した「チャイコフスキーとメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲」、「名曲コレクション」などをエイベックス・クラシックスよりリリース。

2009年度第20回出光音楽賞受賞。

これまでに、ザハール・ブロン、ジャン=ジャック・カントロフ、チョーリャン・リン、パヴェル・ヴェルニコフの各氏に師事。(公財)明治安田生命クオリティオブライフ文化財団より奨学金を得て、ウィーン私立音楽大学に入学、パヴェル・ヴェルニコフ氏、ジュリアン・ラクリン氏のもとで研鑽を積んだ。

使用しているヴァイオリンは、宗次コレクションより貸与されたストラディヴァリウス 1704年製作 “Viotti”。

毛利 伯郎 Hakuro Mori 
(チェロ)

 10歳よりチェロを始め桐朋学園、ジュリアード音楽院で学ぶ。在学中より、ニューヨークを中心としてアメリカ、ヨーロッパの各地で室内楽、ソロなど多彩な活動を展開。
1985年、帰国。2015年まで読売日本交響楽団ソロチェリストを務める他、東京ピアノ・トリオ、桐五重奏団、水戸カルテット、その他多くのシリーズのメンバー又、ゲストとして出演、好評を博している。桐朋学園教授、東京音楽大学客員教授。

(c)小島由紀夫

 三上 桂子 Katsurako Mikami 
(ピアノ)
日本音楽コンクール第1位。桐朋学園大学入学後、海外派遣コンクールで安宅賞受賞。パリのロン=ティボー国際コンクールに参加し特別賞受賞。フランス政府給費留学生として、パリ音楽院に留学。その後、ジュリアード音楽院で研鑽を積む。メイン州立大学、ニューヨーク州アルフレッド大学などで夏季講座の講師を長年務めた。現在は桐朋学園名誉教授として後進の指導にもあたっている。

 (c)アールアンフィニ
 横山 幸雄 Yukio Yokoyama 
(ピアノ)

 1990年ショパン国際コンクールに入賞し、文化庁芸術選奨文部大臣新人賞等を受賞。2010年ポーランド政府より、ショパンの作品に対して特に顕著な芸術活動を行った世界で100名の芸術家に贈られる「ショパン・パスポート」が授与される。2010年「ショパン・ピアノ・ソロ全166曲コンサート」及び2011年「212曲」を演奏し、ギネス世界記録に認定。上野学園大学教授、エリザベト音楽大学客員教授、日本パデレフスキ協会会長。http://yokoyamayukio.net/
 


 

公益財団法人 宮崎県立芸術劇場〒880-8557宮崎市船塚3丁目210番地
■ホール・練習室に関するお問い合わせ 貸館専用ダイヤル 0985(28)3228     ■チケット・空席に関するお問い合わせ チケット専用ダイヤル 0985(28)7766
■劇場主催事業に関するお問い合わせ 企画制作係 0985(28)3208          ■ホール舞台技術に関するお問い合わせ  舞台技術係 0985(28)0710
■友の会・広報営業に関するお問い合わせ 広報営業係 0985(65)6888        ■その他お問い合わせ 0985(28)3237 : FAX0985(20)6670
■総務課直通 0985(28)3216 : FAX0985(24)7676