施設空き状況 ホール
施設空き状況 練習室
チケットセンター
くれっしぇんど倶楽部
読み物・その他
各種サービスのご案内
交通アクセス
お問い合わせ
休館日のご案内
 
ホーム>公演情報>ワークショップ・講習会>アートな学び舎>「一日だけの“学び舎”体験」>③「ぶっちゃけ演出論」


「演出って、どういう風にするの?」「演出家って、何をする人なの?」

そんな疑問に、劇作家・演出家として活動する宮崎県立芸術劇場の演劇ディレクター、立山ひろみが“ぶっちゃけ”てお答えします!
役者やスタッフなどたくさんの人とコミュニケーションを取りながら作品をつくりあげていく作品創作の現場。演劇にかかわる方だけでなく、普段の学校生活やお仕事のヒントもあるかもしれません。演劇や演出に興味がある方はもちろん、これまで舞台芸術に触れたことがない方も、ぜひ気軽にご参加ください。

こんな方におすすめ!
・舞台作品の演出をやってみたいひと  ・舞台スタッフに関心があるひと
・演劇や舞台芸術に興味があるひと   ・学校や仕事などでリーダーの役割を担うことがあるひと

詳細

 講師  立山ひろみ          
 日時  3月8日(金) 19:30~21:00
 会場  メディキット県民文化センター 大練習室2
参加費  500円
 対象   高校生以上
 定員   20名(応募者多数の場合は抽選)

応募方法

申込フォームからお申込みいただくか、専用の申込用紙に必要事項をご記入のうえ、郵送またはFAXにて下記の申込先までお申し込みください。

◆申込締切 3月3日(日)必着・受信 


※高校生の方は、保護者の承諾が必要となりますので、専用の申込用紙でお申込みください。

チラシ(申込用紙)
 

講師プロフィール

立山ひろみ(たてやま・ひろみ)

1979 年、宮崎県宮崎市佐土原町出身。

劇作家、演出家。宮崎県立芸術劇場演劇ディレクター。

パフォーマンス演劇ユニット「ニグリノーダ」主宰。大学卒業後、劇団黒テントに所属し、演出デビュー。同劇団を退団後、自身のユニットを立ち上げ、言葉に偏らず、身体表現、音楽等、舞台芸術の要素一つ一つをセリフと等価値に扱い、表現の可能性を模索。他カンパニーの依頼で、劇作、演出をすること多数。主な作品にオペラシアターこんにゃく座オペラ『おぐりとてるて ~説経節「小栗判官照手姫」より~』、劇団うりんこ『アリス』、デフ・パペットシアター・ひとみ『河の童―かわのわっぱ―』など。埼玉県富士見市の劇場、キラリ☆ふじみでは、4年間市民による、キラリ☆かげき団のオペラ演出を担当。その他いろいろな地域でワークショップなども行う。


「アートな学び舎2018」の詳細はこちら>>
 

公益財団法人 宮崎県立芸術劇場〒880-8557宮崎市船塚3丁目210番地
■ホール・練習室に関するお問い合わせ 貸館専用ダイヤル 0985(28)3228     ■チケット・空席に関するお問い合わせ チケット専用ダイヤル 0985(28)7766
■劇場主催事業に関するお問い合わせ 企画制作係 0985(28)3208          ■ホール舞台技術に関するお問い合わせ  舞台技術係 0985(28)0710
■友の会・広報営業に関するお問い合わせ 広報営業係 0985(65)6888        ■その他お問い合わせ 0985(28)3237 : FAX0985(20)6670
■総務課直通 0985(28)3216 : FAX0985(24)7676