施設空き状況 ホール
施設空き状況 練習室
チケットセンター
くれっしぇんど倶楽部
読み物・その他
各種サービスのご案内
交通アクセス
お問い合わせ
休館日のご案内

宮崎国際音楽祭
宮崎国際音楽祭ヒストリカルデータ
アカデミー
音楽祭ブログ「ぷれぽ」
くれっしぇんど倶楽部
アウトリーチ
オルガン・チェンバロ講習会
みやざきの舞台芸術
グルメマップ 宮崎県立芸術劇場
公立文化施設イベント情報


 ネーミングライツについて
 2008年4月からネーミングライツにより「宮崎県立芸術劇場」の愛称が「メディキット県民文化センター」となりました。
  メディキット株式会社
 
ホーム>公演情報>Let's 和の音♪




邦楽ワークショップが、
今年も劇場にやってきます!
子どもだけではなく、大人も日本の伝統文化はやはりちゃんと知っておきたいもの。
まずはお正月や行事など、いろいろな節目の行事で耳にする日本の音楽に触れてみませんか。
いろんな和楽器を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております!
                 
  チラシ                        
    

  [主催] 公益財団法人宮崎県立芸術劇場
  [助成]文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
  [制作協力]邦楽ジャーナル


「箏(こと)」「三味線(しゃみせん)」「尺八(しゃくはち)」「小鼓(こつづみ)」「笛(ふえ)」の中から、
今回は、子どもクラス・大人クラスの2クラスを設け、好きな楽器を選んで2時間体験できるコースです。
最後に参加者全員・全楽器で「さくらさくら」を合奏をします。
気軽に習ってみたい方や、夏休みの自由研究にもおすすめです。

 日時

  2019年8月10日(土) <子どもクラス> 10:30~12:30、<大人クラス> 14:00~16:00

 楽器・定員

  <子どもクラス> 箏(20名)、三味線、小鼓&笛(各10名)
  <大人クラス> 箏、尺八(各20名)、三味線、小鼓&笛 (各10名)
  ※小鼓&笛クラスは、小鼓と笛の体験ができます。

 参加費

  各クラス 1,000円

 対象

  <子どもクラス>小学1年生~中学3年生
  <大人クラス>高校1年生~大人

 講師

  【箏】 花岡操聖、内藤美和
  【三味線】 上原潤之助、山中信人
  【尺八】川村葵山、樋口景山
  【小鼓】望月左太寿郎、望月左太晃郎
  【笛】望月美沙輔、望月美都輔

 会場

  メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)
   交通アクセスはこちら>>

 申込方法

  ①ホームページからの申込みはコチラ

  ②申込書を郵送→チラシ(申込書)はコチラからダウンロードしてください。 

  <宛先>
   〒880-8557
   宮崎市船塚3丁目210番地 
     公益財団法人宮崎県立芸術劇場 「Let’s和の音♪」係 宛

   ※応募多数の場合は抽選となります。
    ※参加される方には本事業の広報活動(取材協力、各媒体への写真・映像等の掲載・放映等)への御協力をお願いいたします。


 申込締切

   7月15日(月・祝) 必着/受信有効 
事前申し込み不要で、どなたでも5つの和楽器を自由に体験できます。
講師によるミニライブも開催します。
どんな音がするのか、どうやって音を出しているのか、いろんな楽器をちょっとずつ試してみたい方にオススメ。
邦楽器に触れてにミニライブを聴けば、より楽器の魅力に気づけること間違いなし!

●ミニライブスケジュール(予定)
 10:30~10:50 長唄三味線&囃子
 11:20~11:40 筝&尺八
 12:10~12:30 津軽三味線
 13:30~13:50 長唄三味線&囃子
 14:20~14:40 筝&尺八
 15:10~15:30 津軽三味線

 日時

   2019年8月11日(日) 10:00~16:00

 楽器

   箏、三味線、尺八、小鼓、笛

 参加料

  無料 
   ※年齢制限なし。事前申し込み不要で、どなたでも御参加いただけます。
   ※参加される方には本事業の広報活動(取材協力、各媒体への写真・映像等の掲載・放映等)への御協力をお願いいたします。
  

 会場

  メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) アイザックスターンホール
  交通アクセスはこちら>>

 講師

  【箏】花岡操聖、内藤美和、日高聡子
 【三味線】上原潤之助、山中信人、廣原武美
 【尺八】川村葵山、樋口景山、平野透山
 【
邦楽囃子・打物】望月左太寿郎、望月左太晃郎、望月左太助
 【邦楽囃子・笛】望月美沙輔、望月美都輔、望月輝美輔      
                                                                                                                              ページの先頭に戻る


花岡操聖(はなおか・そうせい)箏演奏家

東京都出身。3歳より箏の手ほどきを母より受け、8歳より箏と二十絃箏(1991年以降は二十五絃箏)を二代野坂操壽に師事。東京藝術大学卒業。在学中、宮城賞受賞。桐朋学園芸術短期大学専攻科及び研究生修了。現在、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。生田流箏曲「松の実會」師範。(公社)日本三曲協会、生田流協会、森の会、桐の響各会員。二十五絃箏ユニット、虹“KOU”メンバー。


内藤美和(ないとう・みわ)箏演奏家

埼玉県草加市出身。6才より箏の手ほどきを受ける。桐朋学園芸術短期大学芸術科日本音楽専修卒業。箏、十七絃、二十五絃箏を二代野坂操壽氏、滝田美智子氏に師事。第7回ルーマニア国際音楽コンクール、アンサンブル部門第1位。その他受賞歴多数。生田流箏曲「松の実會」師範。二十五絃箏ユニット「虹“KOU”」、和洋アンサンブル「月詠-TSUKUYOMI-」、和洋混合オーケストラ「Orchestra de "R"」、各メンバー。http://miwa-naito.com 

日高聡子(ひだか・さとこ)箏演奏家

宮崎県出身。9歳より箏の手ほどきを受ける。鹿児島大学卒業後上京し、箏と二十絃箏を二代野坂操壽に師事。その後帰郷し結婚・子育て後、現在、箏と二十五絃箏を小宮瑞代に師事。地域のイベントなどで演奏。



Photo by Mayumi Takahashi
©Studio J's Sound

上原潤之助(うえはら・じゅんのすけ)三味線演奏家

民謡・端唄・長唄・津軽・義太夫・沖縄・現代曲など、細分化された三味線界において、他三味線を自在に操るマルチ三味線プレーヤー。現在はライフワークとする「子どものための和楽器コンサート」ほか、EXILE・AKB48・氷川きよし・石川さゆり・劇団四季の公演出演・音楽制作・指導など、幅広い分野で演奏活動を展開。洗足学園音楽大学講師。街の三味線教室「福之会」主催。http://jssounds.jimdo.com


山中信人(やまなか・のぶと)津軽三味線演奏家

中学卒業後15歳で単身青森県弘前市へ渡り、名人「山田千里」の内弟子として4年間修業。毎年弘前市民会館でおこなわれる津軽三味線世界大会にてA級3年連続優勝し殿堂入り。津軽民謡唄付け部門3度の優勝。世界を意識した活動をおこなう埼玉県にゆかりのある個人または団体に贈られる「平成29年度埼玉グローバル賞」受賞。「平成30年度北本市文化奨励賞」受賞。津軽三味線山田千里流師範。洗足音大非常勤講師。加須市観光大。埼玉親善大使。


廣原武美(ひろはら・たけみ)津軽三味線演奏家

6歳より津軽三味線を佐々木光儀に師事。2002年第一回全国津軽三味線コンクール大阪大会大賞の部にて初代優勝。兄弟子に当たる三味線プレイヤー上妻宏光をはじめ、香西かおり、島津亜矢、寺内タケシ、宮路オサム、武田双雲など様々なアーティストと共演。津軽三味線の魅力、技術、可能性と更なる発展を世界に広め、日本のみならず台灣、香港、澳門など海外への発信も積極的に行っている。

川村葵山(かわむら・きざん)尺八演奏家

東京都出身。東洋大学卒業。NHK邦楽技能者育成会第51期修了。尺八を父、川村泰山に師事。第15回くまもと全国邦楽コンクールにて最優秀賞受賞。第36回、第38回都山流全国本曲コンクールにて共に金賞受賞。和楽器のオーケストラ「むつのを」、尺八四重奏団「破竹」、JSPN等に所属。東京を中心に演奏活動の他、学校公演やカルチャースクール、子供のためのリトミック教室等で尺八を一般に広めるべく活動中。 


樋口景山(ひぐち・けいざん) 尺八演奏家

茨城県守谷市出身。田辺頌山に師事。都山流尺八楽会師範試験首席登第・開軒。東京藝術大学にて、川村泰山、山本真山、藤原道山に師事。東京藝術大学修士課程音楽研究科邦楽専攻修了。第1回国際尺八コンクール本選出場。茨城県教育研究センターにて指導。取手・草加・春日部・越谷レイクタウンカルチャーセンター、「樋口箏尺八スクール」運営、景山会主催。正派音楽院別科卒業。NHK邦楽オーディション合格。 


平野透山(ひらの・とうざん)尺八演奏家

愛知県出身。中学の頃より父の手ほどきで尺八を始める。東京藝術大学音楽学部邦楽科尺八専攻卒業、都山流尺八師範。2014年に「尺八演奏家のための演奏力コンクール」上級者部門で最優秀賞受賞。フジテレビ・SMAP×SMAPにて北島三郎、SMAPと「まつり」で共演、また、映画「海すずめ」劇中音楽のレコーディングに参加、同作品のコンサート・トークショーで主演の武田梨奈と共演。


望月左太寿郎(もちづき・さたとしろう)邦楽囃子方

日本舞踊立花流の二代目家元立花寿美造の長男として、静岡県伊東市に生まれる。

幼少の頃より日本舞踊、お囃子、長唄など伝統文化に携わり、1999年より囃子方望月左太郎に師事。2005年に望月左太寿郎の名前を許され国内外の舞踊会・演奏会などで活躍中。若獅子会・お囃子プロジェクト・和っはっは若衆組など様々なグループでの活動を通し様々で伝統芸能を広めるべく活動している。舞踊家としても立花中三朗の名前で活動もしている。


望月左太晃郎(もちづき・さたみつろう)邦楽囃子方

1992年東京都出身。9歳より囃子方望月左太郎に師事。2014年望月左太晃郎の名を許され、演奏会・舞踊会などで活動中。15年東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。17年同大学大学院音楽研究科修士課程修了。学部在学中に安宅賞、卒業に際しアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。


望月左太助(もちづき・さたすけ)邦楽囃子方

1996年東京都出身。幼少期より大田区にて和太鼓を始め、山本寛斎スーパーショー「太陽の船」、国立劇場「日本の太鼓」などに参加。2012年より歌舞伎囃子を望月左太郎、長唄を東音味見純に師事。18年望月流森下派家元より、望月左太助の名を許される。19年東京藝術大学邦楽科邦楽囃子専攻卒業。在学中、稀音家浄観賞、安宅賞、アカンサス音楽賞を受賞。国内外の長唄演奏会、舞踊会、歌舞伎公演で囃子方として活動する一方、NHK大河ドラマ「直虎」、ピタゴラスイッチなどにも鳴物で出演。


望月美沙輔(もちづき みさほ)邦楽囃子笛方
6歳より望月太喜輔に師事。東京藝術大学邦楽科卒業。国立劇場養成科既成者研修講師。浅草宮本邦楽教室講師。社団法人長唄協会、邦楽囃子新の会、如月会会員。古典音楽を中心に国立劇場、明治座、NHK録音等全国各地で活動。文化庁公演にて中国、韓国公演。フランス、ドイツ等海外各国でも公演を重ねる。後進の指導にあたり、東京藝術大学音楽学部邦楽科への入学者など次世代の笛奏者を世に送り出している。

望月美都輔(もちづき・みずほ)邦楽囃子笛方

東京藝術大学音楽学部 邦楽科卒業。同大学大学院修士課程 音楽研究科修了。在籍時浄観賞、常英賞。2016年千葉市芸術文化新人賞 奨励賞。13歳の頃より、横笛を望月美沙輔に師事。幼少の頃より日本舞踊・長唄で養った感性で伝統芸能を継承しながらも、舞台、朗読など他ジャンルの音楽とのコラボレーションによる和楽器の普及活動に取組む。音ノ葉副代表。(一社)長唄協会会員。


望月輝美輔(もちづき・きみほ)邦楽囃子笛方

11歳より笛を望月美沙輔に師事。長唄三味線を杵屋三澄那に師事。社団法人 長唄協会会員。2015年度青山財団奨学生。17年度市川市文化振興財団新人演奏家コンクールにて優秀賞を受賞。18年皇居内桃華楽堂に於いて、御前演奏の栄誉を賜る。東京藝術大学音楽学部邦楽科に在学中、浄観賞・安宅賞・アカンサス音楽賞を受賞。古典芸能を継承しながらも、ポピュラー音楽の演奏にも力を入れる。


ページの先頭に戻る
 

公益財団法人 宮崎県立芸術劇場〒880-8557宮崎市船塚3丁目210番地
■ホール・練習室に関するお問い合わせ 貸館専用ダイヤル 0985(28)3228     ■チケット・空席に関するお問い合わせ チケット専用ダイヤル 0985(28)7766
■劇場主催事業に関するお問い合わせ 企画制作係 0985(28)3208          ■ホール舞台技術に関するお問い合わせ  舞台技術係 0985(28)0710
■友の会・広報営業に関するお問い合わせ 広報営業係 0985(65)6888        ■その他お問い合わせ 0985(28)3237 : FAX0985(20)6670
■総務課直通 0985(28)3216 : FAX0985(24)7676