施設空き状況 ホール
施設空き状況練習室
チケットセンター
くれっしぇんど俱楽部、高校生会員
広報誌
各種サービスのご案内
交通アクセス
お問い合わせ
休館日のご案内

 
宮崎国際音楽祭ヒストリカルデータ

くれっしぇんど倶楽部





 ネーミングライツについて
 2008年4月からネーミングライツにより「宮崎県立芸術劇場」の愛称が「メディキット県民文化センター」となりました。
  メディキット株式会社
 
ホーム>公演情報>木ノ下歌舞伎
木ノ下歌舞伎『心中天の網島-2017リクリエーション版-』
あらすじ公演概要チケットプロフィール
だらしなくも憎めない紙屋の主人・治兵衛、天真爛漫な遊女・小春、治兵衛を献身的に支える妻・おさんが織りなす“愛”と“死”のドラマを、低迷する社会をエネルギッシュに生き抜く町人たちの群像音楽劇として描く!
演出・作詞を手掛けるのは糸井幸之介。監修・補綴の木ノ下裕一と共に、近松原作の緻密なレトリックを熱く鋭く再構築します。
激しく燃える男女の愛、市井の人々のエネルギー、そして社会のリアルを浮かび上がらせるキノカブ版『心中天の網島』。すべての人の心に響く人生の哀歌・賛歌に、ご期待ください!


あらすじ
大阪天満の紙屋主人・治兵衛は、妻子ある身ながら、遊女・小春と深く馴染み、ひそかに心中の約束をしていた。しかしある日、治兵衛は、小春が「死にたくない」と告白するのを耳にする。治兵衛は激怒して小春に別れを言い渡すが、実は小春は治兵衛の女房・おさんに頼まれてわざと愛想づかしをしていたのだった。その事実を知った治兵衛は、小春がひとり死ぬつもりであることを悟る。治兵衛とおさんは小春を殺すまいとするが、おさんの実父・五左衛門が現れ、おさんは実家へ連れ戻されてしまった。その夜、治兵衛は小春を連れ出し、死への道行を歩み始める・・・。

チラシ画像
  『心中天の網島-2017リクリエーション版-』_宮崎『心中天の網島-2017リクリエーション版-』_宮崎

ページの先頭に戻る

公演概要

  近松門左衛門

監修・補綴

  木ノ下裕一

演出・作詞・音楽

  糸井幸之介[FUKAIPRODUCE羽衣]

音楽監修

  manzo

出演

  日髙啓介 伊東茄那 伊東沙保 武谷公雄 西田夏奈子 澤田慎司 山内健司

日時

  2017年11月1日(水) 開場18:40 開演19:00★ 
             2日(木) 開場18:40 開演19:00


  ★:終演後アフタートークあり
  ※チラシ掲載の内容から、開場時刻が変更になりました。

会場

  メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) イベントホール

スタッフ
  美術/島次郎 角浜有香  照明/中山奈美  音響/小早川保隆  衣裳/大野知英
  演出助手/岩澤哲野 山道弥栄  舞台監督/大鹿展明 熊木進  制作/本郷麻衣
  企画製作/ロームシアター京都  木ノ下歌舞伎
ページの先頭に戻る

チケット

チケット料金

  一般: 2,500円   U25割: 2,000円(鑑賞時25歳以下)
  高校生以下: 1,000円

  ※当日券は一般券のみ500円増し。当日券の発売は開演の60分前。
  ※未就学児の入場はご遠慮ください。託児サービスがございます。
  ※年齢制限チケットは公演当日に年齢の確認できる身分証明書の提示をお願い
    する場合があります。
  ※開演後は入場を制限させていただく場合があります。
    ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。

チケット取扱い

  ・メディキット県民文化センターチケットセンター
   [電話・窓口受付]0985-28-7766(10:00~18:30/月曜休館・月曜が祝日の場合は翌平日休館)
  インターネットチケット
  ・木ノ下歌舞伎 WEBサイト>>

託児サービス
  公演の3日前まで受付、定員になり次第締切ります。
  なお、キャンセルされる場合も公演日の3日前までにご連絡ください。
  【対象】生後3か月~小学校低学年まで
  【料金】お子様おひとりにつき1,000円(税込)
  【お問合せ・申込み】 マミーズファミリー 0120-194-041(月~土 9:30~18:00/日曜・祝日休み)

お問合せ
  木ノ下歌舞伎 TEL:075-285-2485 WEBサイト>>
ページの先頭に戻る

プロフィール

木ノ下歌舞伎 Kinoshita Kabuki

歴史的な文脈を踏まえつつ、現代における歌舞伎演目上演の可能性を発信する団体。あらゆる視点から歌舞伎にアプローチするため、主宰である木ノ下裕一が指針を示しながら、さまざまな演出家による作品を上演するというスタイルで、京都を中心に2006年より活動を展開している。主な上演作品に『勧進帳』『東海道四谷怪談-通し上演-』など。
http://kinoshita-kabuki.org/

木ノ下裕一  Yuichi Kinosita [木ノ下歌舞伎主宰]

1985年和歌山市生まれ。京都造形芸術大学在学中に古典演目上演の補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。2016年に上演した『勧進帳』の成果に対して、平成28年度文化庁芸術祭新人賞を受賞。平成29年度芸術文化特別奨励制度奨励者。その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。

糸井幸之介 Yukinosuke Itoi [劇作家・演出家・音楽家]

1977年東京生まれ。2004年に俳優の深井順子により旗揚げされたFUKAIPRODUCE羽衣の全作品で作・演出・音楽を手掛ける。全編の7割ほどを演者が歌って踊る、芝居と音楽を融合した独自の作風を“妙ージカル”と称し、唯一無二の詩的作品世界と、耳に残るオリジナル楽曲で高い評価を得ている。世田谷区芸術アワード“飛翔”2008年度舞台芸術部門受賞。多摩美術大学講師。
https://www.fukaiproduce-hagoromo.net/


『心中天の網島-2017リクリエーション版-』全国5都市ツアー
 <<京都>> 2017年10月5日(木)-9日(月・祝) ロームシアター京都
 <<三重>> 2017年10月20日(金)-22日(日) 三重県文化会館 小ホール
 <<香川>> 2017年10月28日(土)・29日(日) 四国学院大学 ノトススタジオ
 <<宮崎>> 2017年11月1日(水)・2日(木) メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)  イベントホール
 <<神奈川>> 2017年11月6日(月)-18日(土) 横浜にぎわい座 のげシャーレ


[協力]FUKAIPRODUCE羽衣  レトル、エスアーティスト  ギフト  プリッシマ
    フォセット・コンシェルジュ  青年団  iroNic ediHt DESIGN ORCHESTRA
    libido:  島貫泰介  稲垣貴俊  関亜弓
[助成]芸術文化振興基金
[共催]公益財団法人宮崎県立芸術劇場
[主催]木ノ下歌舞伎

ページの先頭に戻る
 

公益財団法人 宮崎県立芸術劇場〒880-8557宮崎市船塚3丁目210番地
■ホール・練習室に関するお問い合わせ 貸館専用ダイヤル 0985(28)3228     ■チケット・空席に関するお問い合わせ チケット専用ダイヤル 0985(28)7766
■劇場主催事業に関するお問い合わせ 企画制作係 0985(28)3208          ■ホール舞台技術に関するお問い合わせ  舞台技術係 0985(28)0710
■友の会・広報営業に関するお問い合わせ 広報営業係 0985(65)6888        ■その他お問い合わせ 0985(28)3237 : FAX0985(20)6670
■総務課直通 0985(28)3216 : FAX0985(24)7676